IoTのビジネス活用


IoTとは何か?

IoT(Internet of Things)は物(things)をインターネットに繋げようという試みです。
パソコンやスマートフォンだけではなく、あらゆるものをインターネットに接続し、相互に情報を交換します。

ですが、
IoTに関しては、全体像について見えないまま、言葉だけが先行して、完全にバズワード化してしまった感があります。
IoTの導入事例は、数多く、メディアで取り上げられていますが、結果である為、複合的で、どこにIoTが活用されているのか解らず、 IoTに対する定義をますます曖昧にしています。

「IoTで何が出来ますか?」

(一例)部屋に入るとセンサーが感知して、自動で電気を点けます。
iotで出来ること

だから、なんなのだ?というのが正直な感想です。

IoTの ビジネスはどのようにして作るのか?

IoTのメリットを生かす為には、IoTを単独で稼働させても全く意味がありません。
センサーやカメラを使い、収集したデータを活用して初めて効果を発揮します。

例えば、経済産業省は、IoT導入を推奨する製造業などの生産現場に対して、IoT活用度のレベルを3段階の指標として示しています。

レベル1
IoTによる設備の稼働状況や作業の進捗の把握
レベル2
IoTによって収集したデータを基にした各プロセスの完了時間を予測
レベル3
予測に基づき設備や従業員の稼働状況の最適化の実施

どのように、IoTを活用すれば、ビジネスに繋がるのかを視覚的に解説します。

IoTビジネス例1「発注ポイントの把握」
末端の卸の現場では、定量発注商品の残量を把握する為に、
わざわざ、卸先まで赴き、容器の外側に設置されたメーターの目視確認を行ったり、 スタッフを捕まえて、口頭で確認したりと、 非合理な方法が行われている実情が有ります。
IoTのセンサーとシステムを使い、一括把握する方法を考えます。

容器内の液面の高さを計測するレベルセンサーを使い、液体燃料の残量を把握する。
毎日、定時に残量を供給会社のシステムに送信。

液体燃料が、一定量を下回った場合は、補充を行う。
残量確認の手間が不要になる上に、卸先の受給予測が総計して行えるメリットもある。

アフターを確認

レベルセンサー 製品の補充

IoTビジネス例2「民泊」
民泊では宿泊客への鍵の受け渡しが手間になっている背景があります。
その為、民泊事業者と大手コンビニが提携し、鍵の管理と宿泊客の本人確認を行うサービスもあります。

スマートドアロックとは、Bluetoothなどの短距離無線を利用しドアのロックをスマートフォンで解除する鍵のことです。
賃貸物件でも使える後付けタイプの鍵も有ります。

民泊の利用者のほとんどはネットで民泊施設を探す為、宿泊の予約と支払いが完了した時点で同時に鍵も渡せる仕組みが有れば、 鍵の受け渡しの手間は無くなります。
鍵をデジタル化することでコントロールが可能になる為、「25日の午後6時から28日の午前10時まで有効な鍵」という詳細設定も可能な上に、鍵を紛失される心配も有りません。
また、宿泊受付サイトをホームページではなく、スマートフォンのアプリにすることで、 本人確認とIoT機器との連動が可能になります。

アフターを確認

スマートドアロック 宿泊予約サイト

IoTビジネス例3「在宅勤務」
一部の大手企業では、月当たりの在宅勤務日数が義務として要求されるなど、 「働き方改革」の影響で在宅勤務(テレワーク)が徐々に増えています。
パソコンの画面共有、外線電話のリダイレクト、テレビ電話による会議の参加、等、環境は整いつつありますが、 出来る業務は「出社」には及びません。

カメラ、マイク、センサーを備えたロボットを遠隔操作することで、 あたかも、同じ空間に居るような感覚で動け、対応業務の幅が格段に広がる。

VR機器を併用することで、 在宅勤務だけではなく、遠隔地の工場などの出張ニーズにも対応できる。

アフターを確認

在宅勤務(SOHO) ロボット

IoTのアイデアソン

IoT有効活用方法を模索する為の試みとして、各地でアイデアソンが開催されています。
しかし、「IoTで何を作れるか?」をテーマにしてしまうと、参加者は良いアイデアが出し切れないような印象が有ります。

IoTのビジネス活用のアプローチもそれと同様です。
「課題をIoTでどのように解決するか?」が出発点です。

facebookでシェア twitterでシェア google+でキープ はてなブックマークでキープ Lineで送る

AI(人工知能)の学習データの売買プラットフォーム

IoTのビジネス活用


IoTとは何か?

IoT(Internet of Things)は物(things)をインターネットに繋げようという試みです。
パソコンやスマートフォンだけではなく、あらゆるものをインターネットに接続し、相互に情報を交換します。

ですが、
IoTに関しては、全体像について見えないまま、言葉だけが先行して、完全にバズワード化してしまった感があります。
IoTの導入事例は、数多く、メディアで取り上げられていますが、結果である為、複合的で、どこにIoTが活用されているのか解らず、 IoTに対する定義をますます曖昧にしています。

「IoTで何が出来ますか?」

(一例)部屋に入るとセンサーが感知して、自動で電気を点けます。
iotで出来ること

だから、なんなのだ?というのが正直な感想です。

IoTの ビジネスはどのようにして作るのか?

IoTのメリットを生かす為には、IoTを単独で稼働させても全く意味がありません。
センサーやカメラを使い、収集したデータを活用して初めて効果を発揮します。

例えば、経済産業省は、IoT導入を推奨する製造業などの生産現場に対して、IoT活用度のレベルを3段階の指標として示しています。

レベル1
IoTによる設備の稼働状況や作業の進捗の把握
レベル2
IoTによって収集したデータを基にした各プロセスの完了時間を予測
レベル3
予測に基づき設備や従業員の稼働状況の最適化の実施

どのように、IoTを活用すれば、ビジネスに繋がるのかを視覚的に解説します。

スマートフォン向けページを表示しております。
これより下のコンテンツが非表示になっている為、パソコンやタブレットPCで閲覧することをお勧めします。

facebookでシェア twitterでシェア google+でキープ はてなブックマークでキープ Lineで送る

AI(人工知能)の学習データの売買プラットフォーム